アイランドタワークリニックのダイレクト法

アイランドタワークリニックのダイレクト法について

自毛植毛の方法はクリニックによって大きな違いが生じており、生着率が高く世界中で最も普及されているFUT法(Follicular Unit Transplantation)と、メスを使わないで毛根を切り抜くFUE法(Folicular Unit Extraction)の2種類に分けられております。

 

このサイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、切らない自毛植毛のFUE法の一種であるダイレクト法が採用されており、痛みの強さや採取にかかる時間がFUT法と比べて大きく異なるのです。

 

メスを使用するFUT法の一種のストリップ法でも、手術の前に麻酔を打つため施術中に痛みを感じるということは絶対にありません。

 

それでも、麻酔が切れる術後はメスで頭皮を傷付けているので痛みが発生しやすいものの、ダイレクト法は切らない施術で髪の毛を移植していくのでほとんど痛みがないというメリットがあるのです。

 

それに、他のクリニックで実施されているFUE法は毛髪採取用のパンチを使って毛根を採取していくのに対し、アイランドタワークリニックのダイレクト法は機械を使用するので採取にかかるスピードが大きく異なります。

 

採取するスピードが速ければ速いほど、後頭部や側頭部のグラフトを傷付ける心配が無くなり、FUT法と変わらない生着率を誇っているのです。

 

傷跡もメスを入れないのでほとんどありませんし、毛根を採取した際に出血して小さなかさぶたが形成されるくらいなので、安全な自毛植毛を受けたい方はアイランドタワークリニックのダイレクト法を利用するようにしてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、アイランドタワークリニックで実施されているダイレクト法はコストがかかるというデメリットがあるものの、安全に髪の毛を移植して脱毛を改善できるというメリットがあります。

 

しかも、最先端の技術を取り入れているアイランドタワークリニックでは、一度の手術で大量に移植できるメガセッションが採用されているため、患者さんの身体にかかる負担も最小限に抑えられるのです。

 

アイランドタワークリニックで実施されているダイレクト法の詳しい手順は、以下のようになっております。

 

 

グラフトを採取する

従来のメスを使用せずに毛包ごと毛根を機械で採取し、スピードが速いので移植株を傷付ける心配がありません。

 

移植した後の生着率が非常に高いということで、抜け落ちる心配はほどんどなく、採取した跡も自然と目立たなくなります。

 

 

移植ホールを作成する

直径0.65ミリのチューブパンチを使って、移植ホールを作成していきます。

 

ダイレクト法によって今まで以上に微細なデザインが可能となり、高密度の移植が行えるだけではなく多くの本数を植え付けられるようになりました。

 

アイランドタワークリニックの医師は技術力が非常に高く、髪の毛の角度や方向を考えて脱毛した部分に移植してくれるので、より自然な仕上がりが期待できます。

 

 

グラフトを移植する

インプランターを使って空気圧を利用して後頭部や側頭部から採取した毛根を、生え際や頭頂部といった脱毛した部分に移植していきます。

 

手作業の自毛植毛と比べて植え付ける際のダメージを減らせるということで、アイランドタワークリニックのダイレクト法は高い定着率を誇っているのです。

 

 

以上のような流れでアイランドタワークリニックでは自毛植毛の手術が行われており、1回の手術で満足のいく結果を得ることができます。

 

従来の植毛手術では1回の治療で約30%しか密度アップできなかったものの、アイランドタワークリニックのダイレクト法は50%近い数値まで運べるので、1回の手術でもフサフサの頭皮を手に入れられるのです。

 

しかも、アイランドタワークリニックでは手術を患者さんに行って終わりというわけではなく、術後の徹底的なサポートも行ってくれます。

 

最先端の医療を取り入れているだけではなく、患者さんの精神的なケアや自宅での対処についてもサポートしてくれるので、自毛植毛のダイレクト法に興味がある方はアイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング