アイランドタワークリニックの治療による傷跡

アイランドタワークリニックの治療による傷跡について

自毛植毛をクリニックで受けて傷跡が残るのではないかと不安を抱いている方はいらっしゃいます。

 

いくら自毛植毛で薄毛を治してフサフサの髪の毛を手に入れられたとしても、頭皮に傷跡が残って周囲の人にバレてしまっては全く意味はないのです。

 

しかし、アイランドタワークリニックで実施されている治療は綺麗に毛髪を移植できるダイレクト法で、後頭部や側頭部といった毛髪の採取部分の傷跡がほとんど残りません。

 

個人差があるので一概には説明できないものの、メスを使用せずに機械を使って毛根を採取し脱毛部分に植えつけていくという手術なので、アイランドタワークリニックでは傷跡のリスクを軽減できます。

 

従来のメスを使用するFUT法や他のクリニックで行われているメスを使わないFUE法では、スポーツ刈りやベリーショートにすると目立つ瘢痕が見受けられ、気になってしまう方は実に多いはずです。

 

その点、FUE技術を更に進化させたアイランドタワークリニックのダイレクト法では、非常に細いパンチグラフトで毛根を採取していくため傷跡が目立ちにくくなるという仕組みになっております。

 

以上のように、頭皮に傷跡を残すことなく自毛植毛を受けられ、薄毛の悩みを解消できるからこそアイランドタワークリニックは多くの方から高い支持を得ているのではないでしょうか。

 

外科的手術の一環なので絶対に傷跡が形成されないと言い切ることはできませんが、他の医療機関と比べて傷跡のリスクが少ないのは間違いないので、アイランドタワークリニックで自毛植毛手術を受けてみてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、アイランドタワークリニックで実施されている自毛植毛のダイレクト法では、吸引によって毛包を採取してインプランターで移植するという方法となっております。

 

この手術であればメスを使わないので頭皮や毛髪へと加わるダメージを最小限に抑えられ、移植後の定着率も95%以上と非常に高く、自然な感じで新たな髪の毛を生やすことができるのです。

 

自毛植毛の手術を受けたと他人に気付かれることはありませんし、自然な形で植毛できるからこそアイランドタワークリニックは高い支持を得ているのかもしれません。

 

手作業で株分けを行っていくストリップ法やメスを使うチョイ式、人工毛を頭皮へと植え付ける人工毛植毛の場合は頭皮に傷跡が形成される可能性があります。

 

特に、人工毛植毛は異物を頭皮に植え込むため拒絶反応が引き起こされやすいですし、一度定着しても一定期間が経てば自然と抜け落ちてしまうので注意が必要です。