アイランドタワークリニックの治療によるショックロス

アイランドタワークリニックの治療によるショックロスについて

個人差があるので一概には説明できないものの、アイランドタワークリニックで自毛植毛の治療を受けた際の副作用としてショックロスが引き起こされる場合があります。

 

このショックロスは、自毛植毛で新たな髪の毛を脱毛部分に移植することにより、元々生えていた周りの髪の毛が抜け落ちる現象のことを指し、手術後の1ヶ月や2ヶ月頃に約20%の方が引き起こすのです。

 

しかし、このショックロス現象は何もアイランドタワークリニックで実施されている治療だけではなく、他の医療機関で自毛植毛を受けた際にも同じことが言えるので絶対に防ぐことはできません。

 

未だにショックロスに関しては未解明な部分が多いのですが、植毛部周辺の毛髪が抜け落ちても数ヵ月後には再び新しい髪の毛が生えてきますし、一時的な脱毛なので過度に心配する必要は全くないというわけです。

 

ショックロスの原因は毛髪を移植した際に一時的にヘア環境が変化するからだと考えられており、自毛植毛を行うために頭皮をメスやパンチグラフトでカットすると成長期から休止期に入ります。

 

この休止期が過ぎて再び成長期に入れば新しい髪の毛が生えてきますし、毛根の機能が失われたわけではないので自毛植毛は危険な手術というわけではないのです。

 

アイランドタワークリニックでは手術を受ける前に医師から手厚いサポートが受けられますし、術後に頭皮がどのような状況になるのか無料カウンセリングで事前に確認しておいてください。

 

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、アイランドタワークリニックで受ける自毛植毛に限らず、ショックロスを少しでも防ぎたいのであれば育毛剤の使用が実に効果的となっております。

 

ロゲインやカークランドといったミノキシジルが含まれた外用薬や、プロペシアやフィンペシアを中心とするフィナステリドが含まれた内服薬の服用により、少しでも症状を予防できるのです。

 

仮に一時的な脱毛だとしても、その間に髪の毛が薄くなっていることを他人に知られたくないと考える男性は多いはずですし、これらの育毛剤は科学的に効果が認められております。

 

もちろん、アイランドタワークリニックの自毛植毛でショックロスが引き起こされなかったとしても、他の部位の薄毛を少しでも防ぐために育毛剤を服用するのは選択肢の一つかもしれません。

 

髪の毛のことに詳しい医師であれば、自分の体質を踏まえてどのような育毛剤の使用が効果的なのか勧めてくれるはずなので、専門医の意見を聞き入れるようにしてください。